ランドバンキングとは

ノンカテゴリ

ランドバンキングとは
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

土地こそ命

株式等のように不安定なものより確実

ランドバンキングとは

誤解されやすいですが

みなさんはランドバンキングという投資手法をご存知でしょうか?

以前からその存在はある程度知られていましたが、いまいちその内容がわかりにくいのと、以前日本で北海道などを舞台にして問題になった、原野商法と一緒くたにされることが多いため、ほとんど認知されていないのが現実ではないでしょうか。

また、日本にはランドバンキングの会社事務所がなく(おそらく日本では、海外の商品を扱えないのではないかと思われます)、香港が最も近い事務所になリ、代理店も香港にあるため、広告宣伝等もほとんど目にすることはありません。

だから 、情報が入ってくるのは、海外の投資を既に何かやっている人に限定されるのではないかと思います。

では、ランドバンキングとは一体どういうものなのでしょうか。
それは、一言で言うと、土地への投資です(ちなみに、銀行とは何の関係もありません)。土地に投資してその土地の値上がり益を得るのです。

しかもその投資する土地というのが、周りに何もないようなところです。だから、原野商法と誤解されるのですが・・・。

確かに普通の人なら、詐欺だと疑うでしょう。

ただ、ランドバンキングの場合、その土地は当然に入念な調査がなされ、利便性の高い場所と評価され、そこにインフラを敷いて、住宅なり工場なりショッピングセンターを作る計画がなされ、開発の許可を得てデベロッパーに売り渡されるので、何の値上がりの根拠もない原野とはわけが違うのです。

投資の対象となる国としては、今後人口が増え、発展が期待される米国とカナダが主です(他にもあるとは思いますが)。

当然ですが、建物を作っても人や企業が入らなければ意味ありませんので、これを今後日本でやろうとしても厳しいと思います。

米国内、カナダ内のエリアとしては、そんなにたくさん候補があるわけでもなく、過去売り出されたものは、フロリダ、テキサス、コロラド、サウスキャロライナ、ノースキャロライナ等でしょうか。

いずれも人口が増え、空港や幹線道路からのアクセスが良い場所で将来性があると判断された地域ですので、州による優劣はあまり関係ないのではないでしょうか。

そしてポイントはやはり、権利関係がしっかりしている米国とカナダに投資するということです。

さらに、権利関係だけでなく、資産を米ドル、カナダドルで持つということがもっと大きな意味を持ちます。

通貨の分散です。単に外国の銀行に預けるのではなく、不動産を外貨で持ち、その値上がり益を狙うという一石三鳥くらい価値があることなのです。

そのスキームについては、別サイトで紹介します。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

月別アーカイブ