米国不動産投資の魅力

ノンカテゴリ

米国不動産投資の魅力
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

他の国とは違う圧倒的なメリット

ポートフォリオの一つとして

人口、法整備、減価償却というファンダメンタルズ

価格は高いが安心

皆さんは「米国の不動産に投資する」と聞いて、どう思われますでしょうか。

全く何も思わない、何も感じない、という方も結構いらっしゃるのではないかと思います。なぜなら、第一に地理的に遠いからです。物理的にも情報という意味でも国内やアジアに比べて遠過ぎます。

情報という意味では、入って来る政治、経済、スポーツ等のニュースは海外の中では最も多いかもしれませんが、いざ不動産となるとテレビを見ていても当然情報なんて入ってきません。こちらから取りに行かなければならないのです。

では取りに行くにしてもどこに行ったらいいんだ、ということです。とりあえず、ネットで「米国不動産投資」等で調べればいろいろ出て来ます。ここに出ているセミナー等に参加するのが手っ取り早いです。

そこで、なぜその業者が米国を推しているのかを聞いたりすれば、だんだんわかってきます。そして、大体が米国の中でも特定のエリアに絞って説明しています。というよりも、米国は広いので、業者もいくつものエリアを扱うのはしんどいのです。

米国は、移民政策をとっており、今3億人台の人口が4億人になると言われています。先進国の中では稀有な国です。人口増により、家賃も上がり、物件自体の価格も上がるというシナリオです。

リーマンの時はさすがに不動産価格は大暴落しましたが、復活も早く、リーマン前の価格に戻っているか、それを上回っているところも多いです。やはり不動産は人口が増えている場所でないと厳しいのです。この人口増が米国を推す一つ目の理由です。

二つ目の理由としては、不動産に関する法整備がしっかりしていて、全て法律に基づき行なわれるので、新興国でありがちな不安がないということです。

これは大きいですね。上がるとか下がるとかという心配の他に、振り込んだお金がどこかに行っただとか、所有権が実はなかったとか、他の国ではあり得る話がほぼないのです。もっとも、業者に騙されていてはそれ以前の問題ですが。

三つ目は、物件によっては大きく減価償却を取れることです。米国の不動産は湿気の少ない地域では、築年数がかなりいっていても、価値が落ちないという特徴があります。日本では、30年で建て替えみたいな感じですが、あちらでは100年近く経った家も普通に取引されています。

そして、建物の比率が土地に比べて高いため何千万円も減価償却が取れたりします。それを最短4年で償却し、日本の確定申告で所得から差し引けば、かなりメリットが得られます。高額所得者の常套手段です。

このようにすぐ挙がる理由だけでもこれくらい出てきます。そしてその理由の真実味が、他の国と比べて相対的に高いことがまた米国の魅力を高めています。

ただ、米国の中のどこなのかというと、これが本当に限られたエリアの情報しかありません。

極端に言えば、ニューヨークかロスかといった感じです。さんざん魅力を書いときながら、えっ、2都市しかないの?っていう感じですが、将来のポテンシャルや堅実性を考えるとこの2都市になるのでしょう。

そして、このNYとLAの中でどのエリアのどの物件にするかをじっくり考えるのが良いと思います。

他にテキサスとか安くて将来性のある都市もありますが、結局はリスクとリターンの関係ですので、そのあたりを考慮して検討されることおすすめします。

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

月別アーカイブ