マレーシア不動産投資

ノンカテゴリ

マレーシア不動産投資
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

現実は厳しい

苦労しているオーナーが多い

価格高騰したクアラルンプール

これからの参入はメリットが少ない

東南アジアでは既に何年も前から、日本人による不動産投資が行われてきました(実際は日本人だけでなく、中国、ロシア他世界中から投資資金が注入されました)。

具体的な対象国は、マレーシア、タイがメインでした。過去形なのは、日本以外の人たちも含め、かなりの資金が流入し価格が高騰しているため、うまみがなくなったからです(実際、クアラルンプール、バンコクの中心部は東京と変わらない価格になっています)。

また、一気に何千戸も市場に出回るため、思うように賃貸付けできず空き家のまま放置されている部屋がかなりあると言われています。

更には、マレーシアにおいては、加熱する投資を抑制するため、外国人が買える不動産の価格を、クアラルンプール中心部などは約3,000万円以上とするなど、かなり投資するには厳しい状況になりました。

こういった物件を買うのは基本的に外国人なので、既に持っている人は、将来売る時は大変だと思います。

マレーシアは、10年連続で移住したい国NO.1になり、借り手がいなければ将来住んでもいいや、という気持ちで買われた方も多いと思います。

ただ、実際はそう簡単に移住もできないでしょうし、住みたいと思った時に部屋が空いてないといったことが容易に想像できます。

もっとも、それを覚悟で将来自分の子どもの留学先等としてその場を選び、そこの物件を購入するという戦略的な選択もあります。その地域の具体例はジョホールバルです。

こちらは、ジャングルを切り開いて大きな都市を作ろうと、マレーシアとシンガポールが国を挙げて共同で開発しており、娯楽施設やコンドミニアムがものすごい勢いで出来上がっています。そして、イギリスの名門校等のインターナショナルスクールも既に相当数進出しています。

ジョホールバルであれば、イギリス等の本校に行くよりも費用が格段に安く、いろいろな人種がいることから日本人も多く通っています。

こういった明確な目的があれば、そこにコンドミニアムを買って、たとえ賃貸付けができなくても、たとえ大きく価格を下げたとしても、あまり関係ありません。将来本当に子どもや家族が住むのですから。

いずれにしても、不動産は流動性が悪くすぐ現金化できないのと、さらには、ASEAN諸国の中では先進的なマレーシアでさえ、賃貸付けや物件の管理はメチャクチャな場合があり、相当のリスクを覚悟しておく必要があります。つまり、それがリターンとの関係で冒頭の「うまみがない」ということです。



世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

月別アーカイブ